「世界初、来店不要のフルオーダーメイド靴」のプレスリリースを行いました。

10-6.【1足目】仮靴作り

デザイン線

3Dプリンターで出力した木型の出来栄えを確認するため、仮靴(試し履き用の靴)を作っていきます。
まずは、木型に靴のデザイン線を描き込みます。
今回はプレーンパンプスなので、履き口の線のみです。
もっと凝ったデザインの場合は、切り替えの位置や穴飾りなどもすべて描き込みます。

型紙

デザイン線を基に、縫い代や吊り込み代を付けて型紙を起こします。

裁断

革に型紙を載せて裁断していきます。
仮靴は試し履き用の一度しか履かない靴なので、できるだけハギレを使って作ります。
革にキズがあっても気にせず、ぎっしり詰めて裁断します。

今回の表側の革は、蛇柄プリントの牛革です。
派手ですね・・・

アッパー

表の革と裏の革を、まずは別々に縫って組み立てます。

裏と表の革を縫い合わせたら、靴の上側部分は完成です。

底付け

次に、木型の底の形に合わせて中底(地面に接する靴底と足の間にある部材)を削り 、木型に釘で固定します。

次は吊り込み作業です。
木型に縫い合わせた革をかぶせ、中底に釘で留めていきます。

吊り込みが終わったら、本底(地面に接する靴底)を取り付けます。

仕上げ

靴の傾きが狙い通りになるように、ヒールの高さを微調整します。

最後に、靴から木型を取り外し、ヒールを取り付けたら仮靴の完成です。

次回は、このパンプスのオーダー主であるKさんに仮靴を履いてもらい、木型の出来栄えを確認します。

Slack、勉強会、Twitterをよろしくお願いします

質問やコメントはSlackでお気軽に

勉強会でコードを配布しています

Twitterでも情報を発信しています

1足目
この記事を書いた人
Nakamura

修士(工学)。専門は足と3Dモデル。英国で義足の研究開発、国内で機械設計に携わった後、シューズセラピスト、フットアドバイザーを取得。週2で食べ放題。

この記事をシェアする
Vignette & Clarity(ビネット&クラリティ)
タイトルとURLをコピーしました