Yasuda

博士(理学)。専門は数理モデルやシミュレーションを用いた免疫細胞の解析。米国留学、中国留学を経験。何でも食べる。

主な著作

  • 「ゆとり世代の博士は何か目指すか」東京化学同人『現代化学』 2019
  • "Opposing roles of IgM and IgD in BCR-induced B-cell survival." Genes CellsGenes to Cells 2018
  • “A model integrating tonic and antigen-triggered BCR signals to predict the survival of primary B cells.” Scientific Reports, 2017
  • シリーズ「コンピューターは魔法の箱?」東京化学同人『現代化学』 2017
0
投稿数

Nakamura

修士(工学)。専門は3Dモデル。英国で義足の研究開発、国内で機械設計に携わった後、シューズセラピスト、フットアドバイザーを取得してオーダー靴の研究開発を開始。

主な著作

0
投稿数

Todo

博士課程。専門は「感情を持つ人工知能」で、基礎的な知能研究を強みとする。中学校技術科の教員免許も有する。何でも食べる。

主な著作

  • 「ワークショップを利用したプログラミング教育における創造力可視化の検討」科学技術社会論研究 2018
  • 「最先端のAI の利用と応用」人工知能学会誌 2018
  • 「人工知能と職業・失業」人工知能学会誌 2017
0
投稿数

Sakamoto

修士課程。専門は(coming soon)。フロントエンドエンジニア。

0
投稿数

Aoki

修士課程。専門は「データ解析による能力推定」。圧倒的なプログラミング力とデータ解析力につき企業から引っ張りだこ。

0
投稿数

Miyamoto

修士。専門は統計学と心理学。

0
投稿数
TOP