特許の出願を行いました。

10-1.【1足目】冠婚葬祭用 黒のプレーンパンプス作り

手順

今までは自分用の靴ばかり作ってきましたが、今回初めて自分以外の人(知人のKさん)の靴を作らせていただくことになりました。
履く人の足に合わせてゼロから作るフルオーダーの場合、次のような手順で靴を作っていきます。

①足の測定
②木型(=靴のもとになる型)作り←ここで3Dプリンターを使います。
③仮靴(=木型の出来栄えをみるための試作品)作り
④木型の修正
⑤本番の靴作り

デザイン

Kさんの希望は、冠婚葬祭に使える黒のプレーンパンプスです。
シャープな印象の靴がいいけれどポインテッドトゥは苦手・・・
とのことでしたので、つま先の形状はアーモンドトゥに決まりました。
ヒールの高さは、疲れにくさを重視して4cmで作製していきます。

次回は、まずは「①足の測定」からです。

Slack、勉強会、Twitterをよろしくお願いします

質問やコメントはSlackでお気軽に

勉強会でコードを配布しています

Twitterでも情報を発信しています

1足目
この記事を書いた人
Nakamura

修士(工学)。専門は足と3Dモデル。英国で義足の研究開発、国内で機械設計に携わった後、シューズセラピスト、フットアドバイザーを取得。食べ放題が好き。

この記事をシェアする
Vignette&Clarity(ビネット&クラリティ)
タイトルとURLをコピーしました