5/28(水)-29(金) ブライダル産業フェア2024に共同出展します☆彡

16-35. Pythonで関数内から被代入変数名を検出する方法

やること

タイトルが何言ってるかわからないと思いますが、Pythonで

x = function()

と関数を呼んだとき、関数内から「お、こいつはxに代入しようとしてるな」を検出できないかということです。

結論から言うとそんな便利な方法は用意されていないのですが、無理やり実現することはできます。

方法

こんな感じです。

import inspect

def function():
    #被代入変数名の検出
    frame = inspect.currentframe().f_back
    code = frame.f_code
    calling_line = frame.f_lineno
    with open(code.co_filename, 'r', encoding='utf-8') as f:
        lines = f.readlines()
        calling_code = lines[calling_line - 1]
    variable_name = calling_code.split('=')[0].strip()
    del frame
    
    print(f'{variable_name}に代入したよね?')

    return [None] * len(variable_name.split(','))


x = function()
x, y = function()
xに代入したよね?
x, yに代入したよね?

要は実行されたコードを調べて、関数を呼び出している行の=の左側にある文字を検出するんですね。

ただこの方法は非常に脆くて環境によってあっさりエラーが出るのでまったくおすすめしません。Colabでも機能しません。あしからず。

おわりに

いつ使うんだこれ?

SNS等でお気軽にご連絡ください

※当ブログに関することは何でもご相談・ご依頼可能です(Servicesになくても)
※TwitterはFF外の場合はDMではなく返信orメンションでお願いしますm(_ _)m

情報発信しています

質問・コメントはSlackやDiscordでお気軽に

勉強会の告知はこちらで

[H] 小ネタ / 検証
この記事を書いた人

博士(理学)。専門は免疫細胞、数理モデル、シミュレーション。米国、中国で研究に携わった。遺伝的アルゴリズム信者。物価上昇のため半額弁当とともに絶滅寸前。

この記事をシェアする
Vignette & Clarity(ビネット&クラリティ)
タイトルとURLをコピーしました