2/7(水)~2/21(水) オープンイノベーションカンファレンス2024に出展しています☆彡

26-18. LogicoolマウスERGO M575でBlender使ってみた

はじめに

LogicoolのマウスERGO M575を1週間使ってみたので、Blenderで作業する際の使い心地をまとめます。主観100%の感想です。

現行マウス

LogicoolのM590を使用しています。今使っているもので3代目のお気に入りマウスです。
このマウスの欠点というわけではありませんが、横幅が広いモニターを使っているので、端から端までカーソルを動かす時には何回かマウスを持ち上げなければなりません。一日中やっていると結構手が疲れます。

新マウス

LogicoolのERGO M575を使ってみました。トラックボールタイプで、マウスをその場から動かす必要がありません。

良かった点

  • カーソルの長距離移動が楽
    マウス自体を動かさなくていいので、カーソルの長距離移動が楽に感じました。

良くなかった点

  • カーソルの繊細な操作が難しい
    親指が不器用なのか、まだ1週間しか使っていないせいなのか、狙った位置にカーソルを持っていくのが難しく感じました。慣れれば操作がうまくなるかもしれません。3Dモデルを作る作業では、狙った一点のみをクリックしたい場面が多いため、結構ストレスです。
  • クリック音のカチカチが気になる
    現行マウスが静音タイプなので、カチカチ鳴るクリック音が少し気になりました。
  • マウスホイールの押し込みが硬い
    現行マウスに比べて押し込みが硬く感じました。マウスホイールの押し込みはblenderの視点操作で頻繁に使うので、できるだけ軽く押せる方がありがたいです。

まとめ

マウスを動かすことによる手の疲労は解消されましたが、その他の良くない点が良い点を上回ってしまいました。現行マウスに戻そうと思います。

SNS等でお気軽にご連絡ください

※当ブログに関することは何でもご相談・ご依頼可能です(Servicesになくても)
※TwitterはFF外の場合はDMではなく返信orメンションでお願いしますm(_ _)m

情報発信しています

質問・コメントはSlackやDiscordでお気軽に

勉強会の告知はこちらで

[I] その他・雑記
この記事を書いた人

専門は機械設計と3Dモデル。英国で義足の研究開発、国内で機械設計に従事。シューフィッター(プライマリー)、ファッション3Dモデリスト検定2級。週2で食べ放題。

この記事をシェアする
Vignette & Clarity(ビネット&クラリティ)
タイトルとURLをコピーしました