7/13(土)-15(月) J-WAVE presents INSPIRE TOKYO(@代々木第一体育館)で自動運転車に試乗できます☆彡

19-18. Character Creator 4 カスタム靴作成

やること

Character Creator 4(以下CC4)用のカスタム靴を作成します。

CC4での作業1

アバターのエクスポート

靴を履かせるアバターを追加します。ヒールがある靴の場合は、足のボーンを調整してかかとが上がった状態にしてからOBJ形式でエクスポートします。(Export >OBJ > Character with Current Pose)

Blenderでの作業

アバターのインポート

Blenderにアバターをインポートします。(ファイル>インポート>OBJ)

靴作成

アバターに合わせて靴を作ります。今回は、ヒール低めのパンプスを作成しました。

靴のエクスポート

靴のみをOBJ形式でエクスポートします。(ファイル>エクスポート>OBJ)

CC4での作業2

靴のインポート

靴をインポートします。(Create >Accessory)

位置修正

靴の位置などを修正する場合は、衣装を選択してTransformの数値を変更するか、Pivotを使用します。

ウエイト転送

Transfer Skin Weightsで靴にウエイトを転送します。

テンプレートの中からShoesを選択します。Applyボタンを押すと処理が始まります。

最後に、High Heelsでヒールの高さを指定します。これを行わないと、強制的にフラットシューズにされます。

靴の保存

靴を選択して、Saveボタンを押します。

File NameとAsset Typeを指定してOKボタンを押します。

  • File Name:靴の名前を入力
  • Asset Type:保存先カテゴリを指定

保存した靴は、Contents >Customの下の指定したカテゴリに保存されます。

まとめ

CC4用の靴を作成しました。CCのデフォルト靴はスニーカーと超ハイヒールしかなくて困っていましたが、これで低めのヒール靴を履かせることができます。

タイトルとURLをコピーしました